乗りすぎない

リバーサーフィンは本当に画期的なスポーツです。川の流れがあるかぎり乗ろうと思えば永遠と乗れるのですから。

海で波に乗る場合、1本の波に乗っていられる時間は10秒くらいじゃないでしょうか?波がキレイに割れている状態で20秒乗ったら大満足という感じではないでしょうか?
それがもし膝〜腰くらいのぐちゃぐちゃのオンショアの波だったら・・テイクオフして横に滑って終わり・・3秒も乗れないじゃないですか。
そこにたくさんのサーファーがいたらただ浮かんでいるだけになってしまいます。

リバーサーフィンは川が流れているかぎり長く乗ることができます。だからこそ、他にリバーサーファーがいるときは時間を守ってほしいのです。2分もリバーサーフィンすると結構足がパンパンになります。

これは私の通うスポットでのルールですが、だいたい2分経過すると待っていたサーファーが入ってきます。乗っていたサーファーはそのまま流されて終わり、岸に上がってまた待機するといった感じです。
もしも2分経たずにワイプアウトしてしまった場合は別のサーファーがすぐ入って乗り、ワイプアウトした人はまた岸に上がって待機するといった感じです。
ルールがなければ平等に楽しむ事ができないので、リバーサーフィンに限らずスポーツにはルールが重要ですね。

関連ページ

迷惑をかけない    ドロップイン    川の時期

MENU

PICK UP

ポロロッカ
ポロロッカはアマゾン川の満潮時に起こる逆流です。

上級者のライディング
誰もが初心者から始まって、やっていくうちにこんなすごい技ができるようになります。

エアリアル
リバーサーフィン中にエアーが出来たら・・最高に気持ちいいだろうな・・

ウェイクサーフィン
船がおこしてくれる人工的な波でサーフィング!

ロングライディング
4分間近くも同じ波に乗っていることができるって海でのサーフィンでは考えられないことです!

アラスカの氷河
氷河が崩れた時にできる波に乗っちゃってます!

Copyright (C) リバーサーフィン. All Rights Reserved.